保育士の仕事のやりがいについて

社会貢献

保育士の仕事では、子供を保育園で育てるだけでなく園児の両親のサポートも一緒に行う仕事です。園児に慕われるだけでなく両親に信頼されて感謝されることも仕事のやりがいになります。そして信頼や感謝だけでなく両親と一緒に園児の成長を見守ることができます。この成長により仕事のやりがいができ、明日への活力につながる人もいるでしょう。これも社会的な貢献に役立っている仕事になります。  

保育園のサービスでは一時保育や地域交流を積極的に行っている保育園があります。地域の社会貢献に参加することで、保育園の社会が求めるニーズに対応していくことになります。この社会貢献には保育士が参加することになります。普段の園児との対応で疲れてしまう保育士もいますが、社会的貢献の役割を担っていることが実感できるのも地域の交流などに参加することです。この交流により自分たちの活力を取り戻すことができ仕事のやりがいを感じることができるでしょう。  

社会貢献の役割を担うことが、地域の人たちに感謝されることになります。普段保育園と関係のない人たちでも地域交流で親しくなることで保育園の仕事を理解してくれるでしょう。そして地域の人たちが感謝することで保育士は仕事にやりがいを見つけることができます。

(C) 2018 保育士の仕事のやりがいについて ALL RIGHTS RESERVED.